契約の書類や費用についてしっかりと学びましょう

サイトマップ

トップバナー

契約に必要な書類

家賃を払い続ける事が可能か

あなたが気に入った物件を見つける事が出来れば、入居の申請を行いますが、その後の契約に向けて入居審査 が必要になります。この入居審査とは、申し込みをした本人が家賃を払い続ける事が可能かという事を審査するものとなっています。大家さんや、審査機関が、不動産屋に提出した申し込み書を目安に審査していきます。 この入居審査にかかる日程は、早くて2日、多くて1週間程度の期間が必要になります。

入居する人全員の住民票の準備

まず必要となる書類は、源泉徴収票や、納税証明書などの収入の額を証明できる物が必要になります。これは、 場合によっては申し込みの時点で必要となる事もあります。また、印鑑と印鑑証明書が必要になります。そし て、物件に入居する入居者の住民票が必要になります。契約する人だけではなく、入居する人全員の住民票の 準備をしなければなりません。

また、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃が必要になります。そして、保証人の同意書と印鑑証明書を準備しま しょう。敷金、礼金のほかに損害保険の加入をしなければならない場合には、保険料が必要不可欠になってし まいます。また、保証人の同意書、印鑑証明書などは、契約書に署名、捺印した後に郵送する事もあるので覚 えておくとよいでしょう。

入居した後の契約に必要な費用

ポイント

契約した際には、敷金と礼金など、少しまとまった費用を準備しなければなりません。敷金、礼金が必要 のない物件であっても、前家賃などが必要になるので、そういった事を覚えておかなければなりません。 また、入居する日が月の途中だったとしても、家賃が発生した日から日割り計算した家賃と、翌日分の前 家賃を支払うという義務があります。

早めに撤去の連絡を
ファミリー

また、賃貸契約の際に必要な総額は、賃料の6ヵ月分程度が目安だと いわれています。また、今住んでいる住宅が賃貸住宅である人は、具体的な引っ越しの日 取りが決まったのであれば、早めに今の家の物件の不動産に、撤去の連絡をしなければな りません。撤去の連絡が遅れてしまうと、翌月分の家賃が発生してしまうので、注意が必要です。 多くの賃貸では、1か月前までに連絡をする、というのが一般的なルールのようです。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識