高齢者も困らない入居できる賃貸住宅を知っておけば便利です

サイトマップ

トップバナー

高齢者と賃貸住宅

賃貸住宅を借りることは簡単な行為ではない

高齢者の住宅事情についてご説明致します。高齢者1人で、賃貸住宅を借りることは簡単な行為ではありません。 現在、借家住まいをしている高齢者の方も、賃貸住宅の劣化や立て替えなどによって、立ち退かなければならない という事も多くおこっています。そういった際に、高齢者の方は、次はどこに住めばいいのかという点で不安を 感じていると思います。

高齢者の入居を拒むことのできない賃貸住宅

賃貸住宅を貸す側の人間が、高齢者の入居を拒否している理由をご紹介致します。まず、保証人がいないという 事です。そして、病気や怪我が多いという点、家賃を滞納してしまう可能性が高いという点、他の入居者とのト ラブルが起こってしまう可能性が高いという事が、高齢者の方の入居を拒んでいる理由としてあげられる事が多 くあるようです。

ですが、現在では高齢者居住法が誕生し、高齢者の入居を拒むことのできない賃貸住宅が増えてきました。それ までは、高齢者が安心して入居する事の出来る施設と言えば、老人ホームなどだったと思いますが、高齢者に、 入居権が与えられるだけで、居住権が認められている訳ではない事を理解しておかなければなりません。つまり、 老人ホームを経営している会社が倒産すると、家をなくしてしまうという事になります。

高齢者専用賃貸住宅

ポイント

高齢者専用賃貸住宅の誕生によって、高齢者の方に対する住宅の環境が改善されていっているようです。高齢者専用 賃貸住宅とは、一般の賃貸住宅で高齢者の方が、より快適な生活を送れるように改善したものです。また、住宅部分 について賃貸契約が結ばれているので、介護サービスに関する事では、別の契約になるという事を覚えておきましょ う。

高齢者の住宅に関する施策
高齢者と家族

また、圧制労働省や国士交通省が行っている高齢者の住宅に関する施策は介護保険事業の住居サービスの1つとして 提供されている、ケアハウス、老人ホーム、痴呆性高齢者グループホームなどがあります。国としては、高齢者専用 賃貸住宅を建設するよりも、賃貸契約を住宅に限る事によって、高齢者に適した高齢者専用賃貸住宅の情報を公開す る事によって、たくさんの高齢者専用賃貸住宅を検討する事が出来る状況を作り、高齢者の方に適した住まいを提供 出来るようなシステムになっています。高齢化がますます進む現代においてこのシステムは非常に評価できるものでしょう。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識