社宅を使うとお得なメリットもあることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

従業員社宅

賃貸住宅を自分で契約し家賃を払いながら「家賃補助」という手順で支払う

住宅手当を支給してもらうか、社宅費用を支払うか、どちらがよいのでしょうか。現在、会社から何かしらの 補助を得て賃貸住宅に住んでいる人は多くいるようです。ですが、その家賃はどういった手順で支払っている のでしょうか。例えば、賃貸住宅を自分で契約し、家賃を払いながら、「家賃補助」という手順で支払うのと 一緒に、住宅手当が支払われる方法。単純に家に住むとはいっても、そこに会社などの補助がはいった場合は形が 違ってくるので、知識を入れておく必要があるのです。

従業員や使用人に対しての社宅

始めから賃貸契約は、会社が借りる法人契約都市、あなたは会社に対して社宅費用を払うといったケースに分 ける事が可能です。今回ご説明するのは、従業員や、使用人に対しての社宅についてのご紹介を致します。 以前、私が勤務していた会社の話になりますが、転勤した場合でも社宅ではなく、その分の一定額の手当てが 給与に上乗せされ、従業員に支払われるという手順で行われていました。

また、そのころの私は、給与総額が増えたので喜んでいたのですが、よく考えると、年収が増えれば累進課税 の日本では税額が高くなってしまうので、喜ぶべき事ではなかったようです。また、自分が見つけた賃貸住宅 を会社が契約してくれる事によって、社宅として安く自分に課してもらったりという事もあります。また、こ の方法であれば、年金を安くする事が可能です。

賃料と税金問題とルール

ポイント

相場賃料で会社が契約した賃貸物件を、従業員に安く貸してしまえば、差額分は実質的に、給与となって課税 されてしまうそうな気がしませんか。ですが、国税庁は一定のルールが決まっているので、差額があっても課 税しないと定められています。実際に、計算してみると国税庁が定めている賃料相当額は、相場よりも安いと いうことで、とても驚かされたのを覚えています。

基準を3パターンに分類
マイハウス

国税庁は、社員社宅の場合であれば、基準を3パターンに分類する事によって、それぞれ の賃料を役員から、 受け取っていれば課税しないと定めているのですが、従業員社宅に関しては、分類はないという事を覚えて おきましょう。税金的には、とてもメリットが大きくありますが、勤めていた会社が従業員社宅制度を行って いなかった場合は、恩恵を受ける人がないことになってしまいます。従業員社宅があれば、社員も助かりますし、 会社的にも助かる、という制度になっているのです。このようなシステムは利用しない手はありませんよね。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識