賃貸住宅での生き物の飼育には条件があることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ペットのトラブル

ペットの飼育が可能な賃貸物件が増加傾向にある

みなさんが知っている通りに、一般的に賃貸物件でペットを飼育する事は禁止されている事が多いのですが、時代の 流れからいうとペットを買おうと思っている人が多くいます。こういった時代の傾向から、ペットの飼育が可能な賃 貸物件が増加傾向にあるといえます。ですが、賃貸住宅でペットを飼育する事でトラブルが起こってしまう事も事実 です。

空室対策の1つの条件

賃貸住宅でペットを飼育している事で、よくあるトラブルは「鳴き声がうるさい」、「エレベーターに乗った時の悪 臭」、「共有の部分、足跡がついている」といった近隣とのトラブルが起こってしまいます。賃貸住宅は、共同で生 活しなければならない場所なのです。また、住んでいる部屋は大家さんから借りているものです。また、賃貸住宅で ペットを飼育しては、鳴き声や悪臭が原因で住民がトラブルになる事が多いですが、あまり取り組まれているシステム ではないのです。

また、飼育している動物によっては部屋や建物を汚してしまったり、臭いがついてしまうので、禁止されている事が 多くあります。更に、住人全員がペットに好かれているという訳でもないですし、中にはアレルギー体質であるから 動物とは触れ合いたくないという人もいるかもしれません。ですが、ペットブームの影響で大家さんにとっての空室 対策の1つの条件として、ペットを飼う事が多くなっています。

ペットの禁止条件とは

ポイント

賃貸借契約は、当事者の合意があれば成立するといわれています。また、契約書には法律で定められた絶対に守らな ければならない規定が契約書と、契約書に記載されている事柄について、法律が補充的に適応してくれる規定もあり 、任意の規定については、当事者の合意があると排除する事が出来るので、両社の合意が得られれば規定とは異なっ た条件を決める事が可能です。

生き物の飼育を禁止している賃貸住宅もある
ペットと飼い主

ペットの禁止事項は特約にあたる物ですが、最近の契約書には大体がペットに関係する特約が記載されています。そ れは、消費者に対し、一方的に不利となる条項については、いくら特約で定めたとしても無効にあるようになっているので、常識が外れたような特約は定められていないのです。ウサギや金魚などのすべての生き物の飼育を禁止して いる賃貸住宅もあるので、注意しなければなりません。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識