トラブルを避けるためにも賃貸情報の契約書はしっかりとチェック

サイトマップ

トップバナー

賃貸住宅の契約書のチェック

毎回隅々までチェック

当然のことですが、まずは契約の内容によって、契約書の中身が異なる事を知っておきましょう。不動産や、 契約の内容によって使用される契約書が異なります。なので、契約書が変わると今までになったトラブルが 発生してしまう可能性も出てくるのです。何度か契約書を記入した経験がある人も、契約書に記入する際に は、毎回隅々までチェックしなければなりません。小さな項目であっても契約をした後で、何か問題が起きれば 契約書を交わしてしまうと、その契約書が優先になりますので、泣き寝入りしないといけないこともあるのです。

忘れずに無理なく払う事が出来る

まず、チェックしなければならないのは、お金に関する項目です。始めは、家賃の払い方、支払いの期日を確 認します。そして、大体は振り込みや自動引落という形で、翌月分を前月末までに支払うケースが多くあり ます。そして、給料日の仕送りの日がすぐ後ならば、忘れずに無理なく払う事が出来るという事もポイント ではないでしょうか。

そして、更新と退去予告の取り決めについてもチェックしておきましょう。例えば、2年契約が終わった後、 契約を更新して住み続ける場合には、別の更新料や、更新手数料が必要になる事もあります。なので、いつ 誰から更新のお知らせがあるかなどを確認しておかなければなりません。また、退去の際には、いつ誰にど ういった形で申請するのかという事も書かれているので、確認しておきましょう。

契約書のチェック2

ポイント

原状回復の範囲と内容についてもチェックしなければなりません。賃貸の契約の際にトラブルを起こしやすい のは、現状の回復問題です。これは、退去した後でどの程度まで入居した状態に戻すかという事です。修理費 、掃除など、どの程度の費用を入居者が敷金のうちから負担しなければならないのかという問題が関係してく るのでチェックが必要です。

敷金はどういった形で返済されるのか
屋敷

また、金額入居者の負担と一般的な契約は、のちのトラブルの元となってしまいます。文言を訂正してもらう か、その契約を見直した方がよいでしょう。更に、費用の負担をした後、敷金はどういった形で返 済されるのかといった事も、事前に確認しなければならない事の1つとなります。また、負担割合の 一覧表などを持っている不動産もあるので、そちらを参考にするとより分かりやすいでしょう。 良く確認しておかないと、解約するときになって返ってくると思っていた敷金などが実は返ってこなかった ということになりかねません。また敷金より多い額を後から修繕費として要求されることもよくあるのです。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識