敷金は退去時に返納されることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

敷金の返済

大体1ヵ月後には返納されるのが基本

賃貸住宅に入居する際に、支払わなければならない敷金は退去時に戻ってくる事を知っていますか。ですが、「敷金 が戻ってこなかった」と思っている人もいたり、「戻ってくるのか不安」、「いつ、いくら戻るの」と心配している 人も多くいるのが現状となっているようです。ですが、敷金の返済には、基本的に退去した日から2ヵ月から3ヵ月以 内に証明書が届き、大体1ヵ月後には返納されるのが基本となっています。

家主に日にちの確認をしておく

また、部屋を退去する際に、家主に日にちの確認をしておくとトラブルを避ける事が出来ます。万が一、3週間たっ ても、明細書が届かない、または、1ヵ月経過しても払われる気配を感じないといった場合には、早めに問い合わせ をした方がよいでしょう。また、残念ながら「催促がなければ敷金を返納しない」という家主が多くいるのが現状 となっています。

なので、あなたが敷金を返納してほしいと望んでいたり、明細表が届くはずの日程を過ぎても届かなかったり、払 う意欲を感じる事が出来なかったりした場合には、あきらめてしまわずに、早めの問合せをしましょう。万が一、 「いつか返納される」と思い、放置してしまうと、永久的に支払われる可能性はゼロになってしまいます。あなた が、損をする事のないように、きちんとした請求を行わなければなりません。

敷金の明細の注意点

ポイント

明細表が届いたら、鍵の交換代、ハウスクリーニング代の項目があったら注意しなければなりません。この費用は、 家主が負担しなければならない物なのです。それは、国士交通省のガイドラインでも借主側への負担を負わせる事 が可能な条件は、「借主側に負担する理由があり、認識し、借主側が義務負担の意思表示をしている事」となって いるので、条件を満たしていない事がわかると思います。

消費者契約法
楽しい我が家

万が一、鍵の交換代、ハウスクリーニング代の請求があったとしても、消費者契約法によって、こういった請求を 求められる可能性は、著しく低いです。なので、借主側から請求があった際には、支払いの義務はないという旨を きちんと伝えてください。ですが、掃除もせず、カビが生えまくっている、壁に穴が開いているなど、破損してし まった際には、こちら側が負担しなければなりません。負担しなくてよいものは、通常の使い方での汚 れや破損、といったものになるのです。どこまでが通常の汚れ、というのは話し合いになるので、こじれた場合は法的な 手段をとることになります。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識