賃貸住宅の保険の目的について学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

賃貸住宅の保険

賃貸住宅の保険の目的

賃貸住宅の保険の目的を3つにわけて、考えなければなりません。1つ目は、大家さんへの賠償です。そして、 2つ目は下に住んでいる住民への水漏れなどの賠償。そして、3つ目は家具を買いなおす費用への保険です。 今ご紹介致しました3つの目的に適した保険についてご説明致したいと思います。 どれも賃貸住宅を借りて保険に入るときに必要な知識になります。知らないと損することもありますので、 しっかり覚えておきましょう。

「元通りにして返す」という義務

まず、1つ目の大家さんへの賠償ですが、賃貸住宅を借りた際には「元通りにして返す」という義務を果たさ なければなりません。万が一、自分のミスで火事を起こしてしまうと、元に戻すことは不可能になってしまい ます。なので、そういった際にかかってくる責任は、賠償責任という形になります。この状況に適した保険は 借家人賠償責任保険という物です。ですが、この保険は単品ではないので、現実には家財の火災保険の特約と してつける事が可能です。

2つ目は、下の階への水漏れです。洗濯機の排水のミス、風呂場のオーバーブローなどで水漏れをお越し、下 の部屋の人の物を濡らしてしまった場合にも賠償を負担しなければなりません。これを保障する保険は火災 保険でなくとも役割を果たします。例えば、自動車保険の個人賠償責任特約を付けていれば、この保険で補償 する事が可能となっています。

保険の適応

ポイント

火災保険でない保険に個人賠償責任特約を付ける事が可能です。個人賠償責任に特約を付けると、とても役立ちます。 基本的に自動車保険に着けた方が、交渉を行ってくれたりというサービスを受けられるので、オススメです。また、 月100円程度の支払いで終わる事もあります。ですが、車がない場合には、火災保険や怪我の保健に着ける事も可能 となっています。

自分の家具への補償
みんなとお出かけ

3つ目は自分の家具への補償です。もしも、自分の家が燃え、家具も服もすべて燃えてしまった場合、全て買い直し になってしまいます。また、隣家からの延焼や、家事で消火用水が漏れた際でも、重過失でなければ賠償してもらえ ないのです。また、現状の貯蓄額で買いなおすとすれば、かなりしんどい思いをする事になるので、つけておくに 越したことはありません。また、地震保険に加入しなければ、地震による火災の補償もされないので、注意が必要です。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識