賃貸住宅と分譲には大きな違いがあることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

賃貸住宅と分譲

状況によって異なる事もある

賃貸住宅のメリットについてご紹介致します。賃貸住宅は、独身の方が多くすまれていると思います。ですが 、賃貸住宅に住んでいる方が独身だという数字を出すのには、状況によって異なる事もあると思います。これ から、供給過剰によって、マンションが値下がりする可能性もあり、賃貸も安くなる可能性 が高くなっているのです。

お得な印象を受ける事が出来る

なので、実際にどの程度で出費の違いが出てくるのかは、50年たった時点でしか判断は不可能です。ですが、 現在の時点での試算は、お得な印象を受ける事が出来ます。はっきり言う事が出来るのは、独身者はマンショ ンを購入するより、賃貸住宅の方が効果的だという事です。女性は結婚すれば、生活パターンが変わります。 なので、結婚して2人で生活するとなれば、独身時代に購入したマンションは狭く感じるでしょう。

こういった際には、購入したマンションを売却するか、賃貸住宅として他人に貸し出さなければなりません。 ですが、売却する際には購入した値段の半額になってしまうので、ローンのみが手元に戻る事になるので、賃 貸にした方が有効だということになります。

金銭問題が以外の違い

ポイント

金銭面以外で、賃貸住宅と分譲住宅の違いはどこにあるのでしょうか。購入するという事は、お金のみでなく 自分の家族の居場所を確保するという満足感を得る事が出来ます。少し大げさかもしれませんが、男性であれ ば、自分の城を手にしたかのような気持ちになると思います。ですが、一度購入してしまった住宅を売る事は とても難しいのです。住宅を購入する際には、大体の人が大きなローンを組んだ状態です。

賃貸でなら移動を楽ちんに行う事が可能
室内様子

もしも、住宅を売却するとしても、半値程度にしかならない事があります。例えば、頭金2割で3000万円の住 宅を購入したとします。この住宅を売却する際には、1500万円にしかなりません。また、900万円のローンが 残った状態になるという事になります。こういった点では、いつでも移住する事の出来る賃貸住宅の方がよい もしれません。また、隣人との人間関係がこじれてしまったら、分譲では移動する事が不可能ですが、賃貸で あれば、移動を楽ちんに行う事が可能です。分譲というのはこの点に関して、本当に不便だと言えるでしょう。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識