賃貸住宅への審査には様々な判断があることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

入居審査

最終的に判断されるのは人柄

まず、入居の審査とは、どのような事を審査されるのでしょうか。基本的には、勤続年数、年齢、様々な物を 審査するのですが、基本的に結果を大きく左右するのは、この4つだといわれています。まず、年収です。これ は支払う能力を見る為です。そして、職業と勤務先。そして、保証人の続柄です。そして、最終的に判断され るのは、人柄です。周辺住民とトラブルを起こしてしまっては元も子もありませんからね。

始めは雇用形態から審査

まず、年収はあくまでも家賃と相関している事を知っておかなければなりません。住みたいと思った物件の 家賃と相関関係になってしまうことから「支払う力」という言葉で表すのが適切だと思います。例えば、年 収が500万あったとしても、家賃を100万円支払うほどの力はないと考えられます。更に、多ければ多いほど 良い審査結果になるのですが、収入が良いだけで審査を通る事が出来るという訳ではありません。

そして、職業についての審査です。始めは、雇用形態から審査されます。定着性の低い雇用形態であれば、 少し評価が下がると考えていいと思います。フリーターや、派遣、契約社員などがそうだといわれます。 そして、次に職種です。職業で差別する訳ではありませんが、審査の結果でマイナスの印象を持ってしまう 職種最中にはあります。多少リスキーな仕事をしている人は覚悟しておいた方がよいでしょう。

保証人と人柄の審査

ポイント

まず、保証人は、本人と同等程度の収入があり、本人との関係は、両親、兄弟、祖父祖母までだと指定されて います。ですが、祖父祖母は年齢的に支払いが出来ない可能性があるので、基本的には、両親と兄弟に依頼し た方が良いでしょう。この2つの条件をクリアしなければ、間違いなく審査上でマイナスの印象を持たせてし まう事があります。

問題を起こすか起こさないか
マンション

また、人柄についてですが、入居審査は支払う力だけの審査ではありません。集合住宅などで、問題を起こす か起こさないかという事も大切になります。更に、地域密着型の不動産であれば、「大家に喜ばれる」ような 人を入居したいと思っている傾向がとても強いので、人を評価する審査が少し厳しいような気がします。よほ どの事がなければ、この審査で落ちてしまう可能性は低いです。逆に落ちてしまった場合は自分にかなり大きな問題があるということですので、 自分の何が悪いのかを尋ねて、直せるなら直しましょう。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識