賃貸住宅のプラス面マイナス面を知れば入居形態も選べます

サイトマップ

トップバナー

メリットとデメリット

立ち退きしやすい

賃貸住宅を借りる際のメリットとして、引っ越しの為の費用は必要不可欠な物となってしまいますが、万が一、 給与が減り収入が減ってしまった場合や、自分の事務所が変わってしまった際にも、立ち退きしやすいという事 がメリットとしてあげられます。また、常に新しい物件を求めて転々とするという冒険もする事が出来ます。 また、給料が減って現在の家賃を支払う事が難しくなったという場合でも、少し郊外の安い住宅を借りる事だって 出来ちゃうのです。

大きな金額を用意しなくていい

また、最近問題となっている近隣との人間関係についても、分譲であるとじっくり地域に密着する事は出来ます が、近所との付き合いに神経をすり減らさなければなりません。ですが、賃貸であれば、近隣との関係が少なく、 嫌になってしまったのであれば、引っ越しを考えればいいのです。ですが、基本的に賃貸住宅にも、最低限の入 居期間が定められているので、そういった点を注意しなければなりません。

また、費用面で見ると、分譲の頭金の様に大きな金額を用意しなくていい事もメリットの1つといえます。更に、 老後に借りにくいという不安の声も高まっていますが、最近では高齢者の為の賃貸住宅も用意されているのです。 これからの時代、高齢者が増えていくので、こういった物件が豊富になっていくでしょう。

分譲住宅は費用面の問題が出てくる

ポイント

ですが、独身の人は、分譲にするよりも、賃貸の方がお勧めです。得に、女性は買わない方が良いと思います。 将来的な事を考えるのであれば、必ずしも「今落ち着いた家を手に入れたいから」という理由で、購入するのは やめた方が良いという事になります。ライフスタイルが変われば、家も変えなければならないのです。当たり前 のことですが、住宅は建造物なので、人間のライフスタイルに合わせて変形する物ではありません。

ローン を払い続ける強い意志がある方
一家だんらん

それに、費用面での問題も出てくると思います。なので、独身の方は、少なくとも10年以上決行しないでローン を払い続ける強い意志がある方のみが購入した方がよいでしょう。こういった購入へ強い志がなければ、分譲住 宅にしてしまった事に後悔してしまうと思います。また、結婚してからも同様です。同じ家に何十年も住み続け る自信があるのであれば、分譲にした方がお得かもしれません。あくまで、「かも」ですが。不動産事情などに もよって、もちろん変わりますので、その時の状況をしっかり判断するようにしましょう。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識