賃貸住宅の選び方を知ればピッタリな暮らしも見つかる基礎的知識です

サイトマップ

トップバナー

周辺環境を見極める

賃貸住宅の選び方として必要なことを6つほどご紹介致します。まずは、周辺環境から見る選び方 をご説明致します。まず、賃貸住宅の選び方で通勤時間が希望通りでなければならないという点です。 職場がある地区と、希望通勤時間で賃貸住宅がある地区の範囲内で決定する事が、その後の生活にも 大きく影響してきます。

この際に、抑えておくべき賃貸住宅の選び方として、通勤の際の乗換の時間、混んでいる時 の混み具合を把握しておくということです。あなたが借りようと思っている賃貸住宅の最寄り駅 の中で、自分の希望する通勤時間内で、混み具合も少ない駅の側で賃貸住宅を選ぶことが大切になります。

下見

目で確認する事も大切

賃貸住宅周辺の地図を見るだけでも、駅の近く、賃貸住宅の近くにどのようなお店があるか、病院があるかなど 判断しなければならない事も忘れてはいけません。遠方に住んでいるのでなく可能であれば、あなたが借りよう と思っている賃貸住宅の近くまで足を運び、周辺環境を目で確認する事も大切です。

街の様子

住宅地のような周辺環境

実際に足を運び、賃貸住宅の周辺環境を確かめる際に、全体的に新しい街で駅の周辺にお店が豊富にあり、 駅から少し離れると住宅地になっているような周辺環境なら、住みやすく便利な賃貸住宅を選ぶ ことができやすくなります。

その2予算で選ぶ賃貸住宅

新居

次は、予算面を考えた賃貸住宅の選び方です。まず、月々に 必要な費用は、借りる人の月収の20%から30%におさえると生活に支障がなくなります。 例えば、手取りが30万円であれば、6万から9万程度、手取り40万円なら8万から12万円となります。また、夫婦であ れば、2人のお給料を合わせた額で計算するようにします。

また、会社に賃貸住宅居住者に家賃補助がある場合は、先ほど紹介した目安より、上乗せして考えられます。また、結婚した段階で共働きでも、女性は出産があるので休職や 退職することがあるので、夫婦の賃貸選びは、最悪1人の手取り額でも生活できる程度の家賃の住宅を選ぶようにしましょう。

月々の費用の他に必要な予算

ポイント 賃貸住宅の選び方として、月々の費用の他に必要な予算について知っておかなければなりません。 ですが、最小限の費用しか用意していないと、あとで後悔する事になるので、少し多めの費用の準備をしなければなりません。 また、家具などを一からそろえるのであれば、そういった費用も必要になります。家具は特に思っている以上に 費用がかかるのものです。お部屋に合わせて 家具を選ぶ必要もあり、引っ越し費用よりも高くなるケースもあるほどです。

賃貸住宅で必要な初期費用ですが、礼金が家賃1ヵ月から2ヵ月分と、礼金が家賃の2ヵ月分、また 手数料もいらないなので、家賃の1ヵ月分を納めます。さらに、火災保険に加入しなければならず、大体 の相場で、2年で2万5千円程度が必要ということを覚えておきましょう。この火災保険等の保険のことを考えずに賃貸を選んでいる方がほとんどです。火災保険は特に 強制だったりするので、この点はしっかり知っておきましょう。値段は不動産屋がどの火災保険の会社と契約して いるかによって変わってるので、 この点も確認しておかないと思った以上の火災保険料を毎年支払うことになります。


https://www.revposting-succml.com/corplist/
http://www.hotel-bed.net/
https://www.posting.company/


その3希望の整理

整理する

次にご紹介する賃貸住宅の選び方についての大事なことは、希望の整理についてです。賃貸住宅に対し、 あなたが求める条件を決めなければなりません。条件は、最低限優先したい条件を決め、絶対に譲れない条件 と、譲っても良いと思う条件を決めておくということです。

ですが、実際に賃貸住宅を目にしてみると新しい条件が出てくる可能性もあるので、あくまで必要最小限の条 件を頭に描いておくとよりよい賃貸住宅の選び方が出来ます。賃貸住宅を探している際には、きちんとした条 件リストを作成せずとも、優先順位をきちんと決める事が出来ればよりよい賃貸住宅に出会えるいう事を基礎 的知識として覚えておきましょう。

どのような家に住みたいかという事が重要

ポイント 私が賃貸住宅の選び方として、大切な希望の整理をしたときは、先にご紹介した内容を活かして こういった条件を出しました。譲れない(妥協しても良い)条件として、家賃問題、間取りが2DK、防音性、 バスとトイレの独立です。また、絶対に譲りたくない条件としては、線路沿いの賃貸住宅でない、 日当たりが良いという条件を最優先する条件としました。

譲りたくない条件は、必要最小限、これは絶対に譲れないという条件のみをピックアップするようにすることをオススメします。 賃貸住宅の選び方として大切なのは、あなたがどのような家に住みたいかということです。新婚家庭や、恋人同士なら、一緒に生活をしていく上で2人で話し合いながら、お互いの 意見を尊重することが大切です。また、希望の整理ができなければ、賃貸住宅を借りた後に後悔してしま う事もあるので、選び方としては希望の整理が最も大切といえます。そして、最低限譲れない ポイントだけをしっかりとメモなどに残しておきましょう。その項目をクリアしている物件をいくつかに絞り込んでいくのが 手っ取りばやいでのです。欲を出していくつも項目をあげるとキリがなくなってしまうので、3つ程度にどうしても譲れないポイントを絞りましょう。 それでもどうしても決まらないというときは2つに絞ります。その2つを中心にしてどこまでなら譲れるのか、ギリギリの妥協ポイントを 探りながら物件を見ていきましょう。


落合斎場総合案内 | 蒼葉葬儀社
https://houritu-mondai.net/
https://datsumou-menz.com


その4実際に物件を見る

物件見学

次は、実際に物件を見て選ぶ方法です。不動産屋さんで、間取り図を見せて もらった物件で気になる物があれば、実際に賃貸住宅を見ることができます。実際に、間取り図を見ただ けで家を決めてしまう人もいるようですが、何も目にせずに、 これから住む賃貸住宅を決めるのは、とても勇気がいる事です。

また、その物件に足を運び、実際に見る事が出来ない賃貸住宅であれば、候補から外した方が無難になります。また、見学物件の件数は、1日3件程度が限度になります。見学の際は、気づいた事があれば些細な事であっても、メモを取るようにしましょう。沢山の物件を回るのですから、記憶があいまいにどうしてもなりがちですので、 メモをとることは必ず行いましょう。

細かい所を注意する必要がある

ポイント 賃貸住宅を見学する際に、見ておかなければならないチェックポイントを選び方の基礎的知識としてご紹介致し ます。まず、賃貸住宅付近の環境、お買い物できるお店、医療施設、学校までの道のり、駅からのルート、通学 路、日当たりが良いか、廊下、駐車場、階段、共用スペースがきれいかどうか、部屋の配置、扉の位置、部屋の 段差、扉と窓が開け閉めされているかなど、細かい所を注意する必要がある事を、賃貸住宅の選び方の基礎的知 識として覚えておく必要があります。実際に見学する際は様々な物件を見て回ることになりますので、 ノートを持参してチェックポイントを物件ごとに評価してつけるとよいでしょう。

また、生活にかかわってくる事ですが、内装の状態、水圧、キッチン、異臭、騒音、柱、壁、床の傾き、床がき しまないかなどを、確認する事はよりよい賃貸住宅の選び方と、よりよい生活を送る為に必要不可欠です。特に騒音は賃貸関連で一番大きな問題になることが多いので、鉄筋なのか、鉄筋でもどの種類 の鉄筋なのかなどチェックする必要があります。こういった注意点を知っておく事で、素敵な賃貸住宅に当たる可能性があがります。 特に鉄筋がどの種類なのか、ということに関しては騒音などに密接につながってきます。鉄骨にも種類がありますし、年数などによっても変わってきます。 文字上の意味だけでとらえてしまうと大きなミスになります。鉄骨の種類によっても騒音などの問題も 変わるので注意が必要です。


http://cocolea-homme.com


その5住宅写真で判断しない

物件外観

現在、ネットが普及していますが、その影響で実際の賃貸住宅を見学せずに、ネットの物件情報のみを頼りに契約してしまう人が多くいます。特に、地方から転勤する人な どは、こういった賃貸住宅の選び方をする傾向があります。ですが、不動産会社のHPなどの参照写真を 参考に賃貸住宅を決めてしまう事はとてもリスキーな行為です。

例えば、賃貸住宅周辺の立地状態を電話で不動産に聞いたり、ネットで事前に調べたとします。そういった場 合でも、ネットの情報が全て正確な位置で表示されている可能性は100%ではないですし、不動産が嘘を言っ ている可能性も100%ないとは言い切れないので、例え地方から転勤などで移動になったとしても、1度くらい は現地に行き、物件を目にした方が快適な賃貸住宅を選ぶ選び方が出来るという事を基礎的知識として覚えて おきましょう。遠い場所で直接その場所をみる時間や交通費を出すのが大変だと言う場合は仕方ありませんが、 そうでない場合は時間を作って自分の住む場所を確認すべきです。

プロ並みに撮影が上手

ポイント 不動産の参照画像を参考にしてはならない理由は、もう1つあるので押さえておきましょう。多くの不動産会社の営業マンは、プロ並みに撮影が上手だという理由があげられま す。部屋の写真は「部屋を綺麗に見せるコツ」「広く見せるコツ」を熟知している人が撮影しています。

多くの不動産会社は、写真に命を注いでいます。写真で集客率が異なってくるからです。ですので、 数十万円もするカメラを使っている不動産業者も多く、不動産によっては、カメラマンの講習などで写真の技術を磨いている人がいるのです。なので、ネットを参照して物件写真を見るのであれば、参考資料程度の扱いで見るようにしましょう。物件写真は実際よりも数倍はその物件がよく見えている、と思っても差支えありません。 写真と同じ内容である、といったことはまずありえないので、期待しすぎないようにしましょうね。あくまで自分が一番気にいったその物件の箇所 だけを写真と間違いないか確認すれば大丈夫です。確認するのも写り方ではなく、機能的なものだったり広さ的なものなど写真ではよく写って いても実際と違う部分に焦点を当てましょう。

その6契約の際の交渉

契約前

賃貸住宅の選び方の最後にご紹介するのは契約についてです。借りたい賃貸住宅が決定すると、契約の事務手続きのみです。あまり大きな声では言えないですが、交渉次第で家賃が変わるる事もあるので、不動産業者に相談してみるとよいでしょう。表示されている費用から、抑えられる費用があるのであれば、誰もが削減したいと思いますよね。賃貸住宅の交渉できる費用についてご紹介致します。

1つ目に交渉する事ができる可能性が高いのは礼金です。特に、2ヵ月と指定されている物は、人気の高い 賃貸住宅でない限り、1ヵ月分を交渉する事ができます。また 、家賃の値段によっては数千円を値切ることも可能です。ですが、近辺の賃貸住宅とのバランスもあるので、 大幅な費用ダウンは望まない方がよいです。

契約する日付を伸ばすことは可能

ポイント 賃貸住宅を決めて、契約前に家賃の支払開始日を決める必要があります。 一般的に契約から家賃を払い始める開始日までの期間がもうけられます。なので、入居してなくても日割りの家賃がでます。家賃が安ければ費用は少ないですが、家賃が10万単位なら1週間分でも大きなムダになります。 契約する日付を伸ばせので、家賃を払い始める日を 延ばすのではなく、契約する日を伸ばす事を優先して考えた方が効果的です。

また、契約の際は書類を隅々まで読み、自分に不利な内容がないかを確認をしなければいけません。そして、費用の交渉を行った後、契約書の内容に納得できたらサインと捺印を押し、支払を済ませます。この際に気を付けなければならないのは、契約書の説明を不動産にきちんと行ってもらうことです。ここまでご紹介した、賃貸住宅の選び方が、これから新し い住居へと入居しようと思っている方のご参考にして頂ければ幸いです。