入居に必要な保証人を選ぶ時のために必要事項を知っておきましょう。

サイトマップ

トップバナー

連帯保証人

借主の代わりに責任を取る事が出来る人

賃貸住宅を借りる際に、自分1人では借りられません。借りるには保証人が必要になります。 この保証人は、“連帯保証人”という名称で呼ばれています。基本的に、 賃貸の契約書を見ると、必ず連帯保証人の記入欄があります。連帯保証人とは、借主に何かしらの事情があった際に、 借主の代わりに責任をとることができる人のことです。例えば、家賃が払えない、突然姿を消した等の大家さんにとって 困った事があった際に、連帯保証人が変わりに家賃を払ったり、荷物を回収したりするという義務を果たすことになります。

連帯保証人になると決めている人は少ない

また、保証人とは違い、連帯保証人は、責任が免除される事はありません。仮に、大家さんから「家賃滞納している ので、払ってください」といわれれば、必ず払わなければなりません。この責任から逃れる事が出来ないという法的 な力が連帯保証人には含まれているので、簡単に他人を連帯保証人にする事を許している賃貸業者も、大家も少なく、 友人等であれば、連帯保証人になると決めている人は少ないと思います。

こういった厳しい条件がありながらも、賃貸住宅を借りる際には、連帯保証人が必要不可欠です。これ程までに重た い責任をかぶってくれる人は、きっと両親だけだと思います。最終的に頼らなければならないのは、両親だという考 えが妥当だと思います。また、不動産でも、一般的に連帯保証人は親族に限定している所が多いのです。親族という のは、両親がいれば両親、両親同様の存在の人が連帯保証人として適切でしょう。

連帯保証人の条件

ポイント

連帯保証人になるには条件があります。それは「家賃を代わりに支払う事ができること」がもっとも重要です。借主が家賃を払えな い状態になったときに、代わり支払う程度の能力がなければ、大家さんも連帯保証人として認めません。審査が厳しい大家さんや不動産であれば、借主の収入、連帯保証人の収入まで提示しなければいけません。不動産は、連帯保証人が上場企業に勤めていたとしても、収入を提出しなければならないので、その 書類を集めるには苦労がいります。

両親が連帯保証人になる事が多くある
若者とマンション

また、親が年金で生活していると、連帯保証人として適さないとみなされてしまう事もあります。大学生や、新社会人の1人暮らしであれば、両親が働いている事も多いと思うので、両親が連帯保証人になる事が多くありますが、基本的には、年金で生活している人が多くなっています。こういった場合には、兄弟や親戚へ連帯保証人になるように頼 む事が多くあるようです。また、連帯保証人の収入が少ない時には、連帯保証人を2人集める事によって、審査を通過 する事が出来る事もあります。連帯保証人は何かあったときに全責任を負ってくれる人なので複数人いると強くなります。

賃貸住宅の選び方の基礎的知識